My wayII lesson1 本文

コミュニケーション英語 攻略WEB

各出版社のコミュニケーション英語I II IIIの和訳をまとめたサイトです。単語の意味も調べることができます。

更新情報


2015/5/07
MYWAYII lesson1 upload
2015/3/26
MYWAYI lesson9 upload
2015/3/21
MYWAYI lesson8 upload
2015/2/26
訳だけでなく単語の意味も搭載決定
2015/1/16
β盤としてホームページ公開

MY WAY English Comumunication II


section1

 ①私たちは、伝達する多くの方法がある。
②声や文字やジェスチャーはそれらのいくつかだ。
③ピクトグラムはもう一つの方法だ。
④私たちは日々標識に使われるそれを見る。
⑤ピクトグラム1とピクトグラム2を見なさい。
 ⑥私たちは日本の電車の中でピクトグラム1を見る。
⑦そのピクトグラムの人々は席を必要としている。
⑧この標識は私たちにそれらの人々に譲るべきだということを示している。
 ⑨私たちはよくホテルやデパートや学校でよくピクトグラム2を見ることができる。
⑩それは非常口の場所を示している。
⑪このピクトグラムは20年前に日本で最初に現れた。
⑫それは世界中で認められている。

section2

 ①ピクトグラムは地域の文化と環境を反映する。
②例えば、あなたはオーストラリアでピクトグラム3を見る。
③沢山の観光客は、カンガルーを見るためにそこへ行く。
④それなので、あなたはその標識観光客のためのものだと思うかもしれない。
⑤実際には、この標識は道を横切るカンガルーについて運転手に警告している。
 ⑥同様に、ピクトグラム4はヨーロッパの畜牛について警告している。
⑦ピクトグラム5は、一般にそこで見られるシロクマについて北欧の国々の運転手に警告している。
 ⑧日本では、猿の絵のピクトグラム6は運転手に警告しているが、多くの他の国々では見られないかもしれない。
⑨そのピクトグラムの動物の種類は、国によって異なっているかもしれない。

section3

 ①日本は、新しいピクトグラムの主要な源だ。
②あなたはその理由を推測できますか。
③おそらく、それは日本人が紙芝居や漫画のように絵を使って物語を伝えるための文化を持っているからである。
 ④運動競技のピクトグラムは1964年に東京オリンピックで使われた。
⑤そのピクトグラムのお陰で人々は、一目でその競技の場所を見つける事が出来た。
⑥大阪が1970年に万国博覧会を主催した時、お手洗いのピクトグラムは歴史上初めて導入された。
⑦その時からその標識は、世界中の多くの人々に知られるようになった。
 ⑧ ピクトグラムは簡単な絵でメッセージを伝える。
⑨絵を使うことによって私たちはよく言語の違いを乗り越えることができる。

Copyright © コミュニケーション英語 攻略WEB